出会ってから最初の六秒が勝負

出会ってから最初の六秒が勝負

 日常、初対面でもその人物に対し好意を持ったり、興味を持ったり、はたまた嫌いになったりする事がありますね。その判断を下すまでに掛かる時間は、統計によると六秒といわれています。ではその六秒の間に何を見ているのでしょうか?

 まず、顔色、服装や色使い、全体のバランスなどで続いて声のトーン、話し方、間のとり方など、見た目的な面が半分以上をしめているようです。

 人は第一印象で相手に対し良い印象を持つと、後々まで全てを良いほうへ捉える傾向があるようです。そしてまたその反対も同じで、最初の印象が悪いとそれを覆すのはものすごく大変で、数倍の時間と労力が必要な事でしょう。

ファッション講座