スーツデザインの特性

スーツデザインの特性

A.2つボタンタイプ

 Vゾーンが深いのが特徴です。
 痩せた方が着ると胸が浮いた感じになるので、なるべく避けた方が良いでしょう。また視線を高めに集中させたい小柄なかたにもちょっと不向きなデザインです。逆にがっしり型の人には深いVゾーンが有効ですね。大きな上半身をすっきりと見せられます。

B.新2つボタンタイプ

 3つボタンシルエットとは違い、ボタン位置を高めに設定した2つボタンのシルエットです。
 Vゾーンが深すぎず、高すぎないデザインゆえ、体型を気にすることなく着用できます。この先人気のシルエットになる事、間違いなしです。

C.3つボタン段返りタイプ

 ラペルが第一ボタンの下ぐらいまで折り返っているシルエットです。
 トラディショナルなスーツやイタリアのスーツにこのデザインが多いです。Vゾーンの開きは中庸なので体型を気にする事なく着用できます。

D.3つボタンタイプ

 現在の主流のシルエットです。Vゾーンの位置が高いのが特徴です。
 相手の視線が胸元に集まり、痩せた胴回りから視線をそらせる効果があります。痩せ型の人には最適なデザインです。また、視線を上に向かせるといった点で小柄な人にも安心して着用して戴けます。一方、首が太く胸板も厚いがっしり型の方の場合は着ると窮屈な印象になる事もあるので気を付けてください。

ファッション講座